池戸製作所

IKEDOだから
できること

創業以来、IKEDOならではの「高品質」を目指し続けてきた私たち。目標は常に「昨日よりも良い品質」でした。

不可能を可能にする
クラフトマンシップ

高級車の内装材、特にインテリア部分に使う「表皮革巻き製品」の加工ができるのは、世界の中でもIKEDOだけ。リーマンショック後の苦しい時代に、社員全員で完成させた技術です。
こうして完成させたIKEDOの製品は、トヨタの「レクサス」を筆頭に、様々な国産高級車の部品として使用されています。

2017年竣工の工場で、
最新の生産体制

2017年竣工の新社屋では、旧本社を中心に点在していた5つの工場を1つにまとめ、より効率的な生産体系を確立しました。広くてクリーンな新社屋は、社員からも「働きやすい」と評判です。また、工場間の物流ロスが軽減されたことで、コスト削減やCO2排出量削減にもつながりました。

自前開発の製造設備で、
常に最適な工程

IKEDOは、「どんなものでもカタチにできる会社」。
お客様の図面を元に、少数精鋭の「技術部」が、現場設備からシステム構成の設計・実用までの一元化を承ります。一度決定した製造ラインの設計や設備、治具にも常にアップデートを行いながら、「今できる最高のモノづくり」を続けています。

プロトタイプから
最終製品まで

他には負けない一元化対応ができるIKEDOは、実製品の模型となる、プロトタイプ(試作品)の制作も得意。
これまでに培った開発技術やノウハウを最大限に生かしながら、お客様のあらゆるご希望にお応えするプロトタイプを製作します。幅広い知識を持つ専用エンジニアも在籍中。

未来を先取りする
オートメーション化

私たちが未来に向かって作るのは、「人に頼らない仕組み作り」。
手作業だからこそできることはそのままに、人の仕事と機械の仕事をはっきりと区別することで、これまで以上に正確かつスピーディな製品作りを目指します。

最高のモノづくりのための
マネジメントと品質保証

IKEDOのモノ作りの要となるのが、優れた品質を約束する「品質保証体制」です。2003年には品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001:2000」を、2005年には環境マネジメントシステムの規格「KESステップ2」を取得。高い精度が必要とされる、高級車や航空機部品にも使用できる製品を作っています。

優れたものづくりの証
「愛知ブランド」認定企業

2016年3月、IKEDOは「愛知ブランド企業」に認定されました。
愛知ブランド企業とはモノづくり王国・愛知が2003年に定めた、県内の製造業の実力をアピールするための認定企業のことです。IKEDOが認定された時点で約150社の合格例に留まる、厳しい審査基準が特徴です。(→「愛知ブランド」ウェブサイト

IKEDOだからできることが
優れたモノづくりを実現する